自動調整寸法という機能

オートキャド(AutoCAD)には、寸法を記入する操作に関する様々な設定があります。
なぜそんなにたくさんの設定があるのかというと、私としては大きく2つの理由があると思っています。
まずひとつは前回書いたように、図面にとって寸法というのは非常に重要な要素である、ということ。
重要な要素であるからこそ、色々と細かい表現が必要になってくる部分があって、それで設定が多い。
という感じですね。
もうひとつの理由は、寸法が数値と線で構成されている為、単純に設定をする項目が多いということ。
文字があるだけで、オートキャド(AutoCAD)側が用意する設定の項目はかなり多くなります。
文字のサイズはいくつなのか、どんなフォントで表現をするのか、寸法線に対して文字をどこに配置するのか。
などなど。
図面を構成する上で「文字をどう見せるか」は、図面の見映えとして非常に重要ですから、設定が多いのも当然なのかも知れません。
そんな数ある設定の中で、最初に紹介をしておきたいのが、自動調整寸法を切り替える設定です。
自動調整寸法というのは、オートキャド(AutoCAD)を使う人によって好みの分かれる機能です。
それをONにするかOFFにするか、という設定ですから、自動調整寸法を使うかどうかも含め、一度考えてみて欲しい設定です。

寸法という要素の重要性

オートキャド(AutoCAD)を使って図面を書くのは、どんな意味と目的があるのか。
そんな根本的な話をしてきましたが、簡単に書いたのにずいぶん長くなってしまいました。
・対象の物を作る前に
・紙の媒体に
・絵として書いてみる
これが図面を書く目的です。
ずいぶん簡単に説明が終わってしまいましたけど、もしかしたらこれだけで良かったのかな……
とまあそんな話はさておき、こうした目的を持って書かれる図面に対し、寸法はどんな役割を果たすのでしょうか。

図面を書く目的とは

そもそも図面というのは何の為に書くのか?

前回はそんな根本的な、そして少しメンドクサイ内容について、私の考えを簡単に書いてみました。

学校の授業で習った訳ではなく、私自身が仕事をしながら「そういうことか」と感じたことを書きました。

だから、もしかしたら「正確には違って、図面というのはそもそも……」と思う人がいるかも知れません。

でも、そういう違う意見があることは否定しませんので、こちらの意見も否定しないようにお願います。

世の中には色々な意見があって、それが少しずつ正解であり、少しずつ間違いでもある。

それで良いじゃないですか。

もちろん全然違う場合は反省しないといけませんけど、多分そこまで間違ってはいないと思いますから。

図面が持つ役割

このカテゴリでは、オートキャド(AutoCAD)の寸法に関するシステム変数を紹介していきます。

文字のカテゴリでも同じような事を書きましたが、またここで同じような話をしてみると……

図面を構成する要素の中でも、特に「寸法」という存在は非常に重要な役割を担っています。

文字と並び、寸法は図面の中で絶対になくてはならないもの、というくらいに重要な要素なんです。

だから、そんな寸法の設定を色々と変更してくれるシステム変数は、覚えておいて損のないものだと言えます。

このカテゴリに書かれている設定を覚えておき、オートキャド(AutoCAD)で図面を書く作業をスムーズにやっていきましょう。

ということで……

寸法の重要性について簡単に説明をする前に、まずは「図面って何の為に書くのか?」を考えてみましょう。

それが分かれば、寸法がどれだけ重要な要素であるのかが、自然に納得出来ると思います。

文字の表示が四角になる

オートキャド(AutoCAD)を使って図面を書く際には、文字をたくさん記入することになります。
これは何度も書いている気がしますが、恐らく実際に図面を書いている方なら分かると思います。
そうすると、画面上に文字がたくさん表示されることになる訳ですが、その文字が画面上に表示されなくなってしまう場合があります。
もう少し具体的に書くと、文字が文字ではなくなり、文字の外形がラインで表示されるだけの状態に。
つまり、文字が画面上で全部四角形に見える、という状態です。
これは実際にやってみるとよく分かりますが、非常に作業がやりにくい状態なんです。
やはり文字はそのまま表示されていないと、ということで、今回紹介するのは文字の画面表示をコントロールするシステム変数です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ