「操作系システム変数」の記事一覧

ハッチングを鏡像化する際に

こちらが指定した範囲の中を、指定した柄というかパターンで綺麗に塗ってくれる便利な機能、ハッチング。
この機能がどれだけ便利で有り難い機能なのかは、昔自分の手で図面を書いていた方であれば分かると思います。
こちらが指定した作業内容をただひたすら繰り返すとか、そういう種類の作業はCADの得意分野です。
人間の手でももちろん出来ますが、速さと正確さという2点において、人の手はCADに敵いません。
CADの得意分野なんだから、人は別にCADと勝負をするなどしないで、黙ってやってもらった方が楽ですよね。
そんな便利なハッチング機能ですが、CADが自動的にやってくれる状況にするまでの作業は、もちろん人間の役目。
ハッチングというのは色々な事が出来るかわりに、設定の数がやや多めになっています。
オートキャド(AutoCAD)を使う側としては、それらの設定を上手に使って、ハッチングを自由自在に扱いたいものです。
今回はそんな設定のひとつ、ミラーコマンドでハッチングを鏡像化した際の表示をコントロールするシステム変数を紹介します。

システム変数は不要なのか

前回はポリラインの幅をコントロールするシステム変数「PLINEWID」について、概要と設定方法を説明しました。
それほど大層な設定でもありませんが、知っておくと何かと便利、という感じのシステム変数です。
このシステム変数よりも、ポリラインという機能自体を使いこなせるようになる方が先。
というのが正直な意見ですが……
幅のある線というだけではなく、多角形を1つのオブジェクトとして構成出来たり、面積を測れたり。
そうした機能を使いこなすと、オートキャド(AutoCAD)での作図がさらに便利になっていくはずです。
とは言え、このサイトはあくまでもシステム変数にフォーカスして色々と説明をしていく、ということを主旨にしています。
だからシステム変数に関わらない部分については、あまり詳しく説明をしないつもりです。
ただ、コマンドの中にシステム変数が絡んでくる場合も多いんです。
今回はポリラインの幅についての続きということで、システム変数を実行しなくても設定を変更出来る、という話をしてみたいと思います。

ポリラインの幅を変える設定

オートキャド(AutoCAD)が持っている機能の中で、他のCADにはあまりない特殊なヤツ。
というのが幾つかありますが、ポリラインと呼ばれる機能もそんな特殊な機能のひとつではないかと思います。
そういう機能は別のCADにもあるよ、と言われるかも知れませんが、少なくとも私が知る限りはありません。
私はCAD全体の評論家ではなく、単なるオートキャド(AutoCAD)のプロですから、他のCADのことは少ししか分からないんです。
その程度の知識ではありますが、私の知る限りはポリラインという機能を持っているCADはない、ということです。
今回はそんな特殊な機能である「ポリライン」の幅をコントロールするシステム変数を紹介します。

連続コピーをするか

自分の手を使って紙に図面を書いていた頃に比べ、CADというツールで作図をするようになって、どんなメリットがあるのか。
これには様々な意見があると思います。
中には「メリットなんてなくて、手書きの方が絶対に良かったと」思っている人もいるんじゃないかな。
そういう意見ももちろん私はアリだと思っています。
オートキャド(AutoCAD)について詳しくなっていくと、これは手書きの方が楽だよな……と思う部分がありますから。
ただしそういうマイナスの部分だけではなく、手書きよりも優れた部分もやっぱりあるんです。
だからこそ、今現在図面を作図するツールとして、手書きに取って変わっているのだと思います。
手書きに方が優れていると思っている方には、ぜひそうしたオートキャド(AutoCAD)の良い部分にも目を向けて欲しいです。
特に、同じ図形を簡単にコピー出来る機能というのは、手書きでは当然出来ないことで非常に便利。
ということで、今回は作図した要素をコピーする際の動きをコントロールするシステム変数を紹介します。

延長とトリムの境界線を

オートキャド(AutoCAD)を使って図面を書く際には、一度引いた線を延ばす作業をよく行います。
逆に、一度引いた線を切り取ったりも多いです。
基本的な話ですが、線の伸ばすこまんどが「EXTEND」で切り取るコマンドが「TRIM」になります。
これらのコマンドを実行する際には、オートキャド(AutoCAD)上で以下のような手順を踏んでいきます。
1.ここまで伸ばす、又はここで切り取るという境界線を選択
2.切り取る側の線を選択
この順番はCADの種類によって違ってきますから、逆の手順の方がしっくりとくる、という方もいると思います。
が、この順番はさすがにシステム変数でも変更は出来ませんので、諦めて慣れてもらうしかありません。
そうではなく、今回紹介したいのは、上記手順の1で選択する線の扱いをコントロールするシステム変数です。
もう少し具体的に言うと……
1で選択した境界線を、現在の線のまま認識させるか、もしくはどこまでも伸ばした形状として認識させるか。
かなり分かりにくい気もしますが、今回紹介するシステム変数はそんな設定をするものです。

サブコンテンツ

このページの先頭へ