自分で調べるのは少数派

オートキャド(AutoCAD)をもっと便利に使う為に、システム変数を覚えるというのがこのサイトの主旨です。
一見とっつきにくいシステム変数も、詳しく見ていくと別にそれほど難しい訳ではないことに気が付きます。
単純にオートキャド(AutoCAD)側でそんな設定が用意されているか、知っているかどうか、という話なんです。
だから知っている人の方が選択肢が多い訳で、自分にとってよりやりやすい設定を選択することが出来ます。
そうなると、当然操作スピードも早くなる傾向にあって、仕事でオートキャド(AutoCAD)を使う上で非常に有利になる。
簡単に書くと、システム変数を覚えると、こんな良いことが自分のまわりに起こる訳です。
そんな体験を読んでいる方にも味わって欲しい、というのがこのサイトを作成した主な目的なんです。
もちろん書くことで自分のスキルを高めるという、ちょっとセコイ目的もありますけど、まあそれくらい良いですよね。


■ただしマイノリティ
こうして書くと、オートキャド(AutoCAD)を覚える際にシステム変数を覚えるのは、良いことばかりのような気がしませんか?
ただひとつ難点があるとしたら、覚えるのが結構メンドクサイということだけじゃないかと思います。
それを乗り越えれば、よりオートキャド(AutoCAD)を便利に使え、仕事もスムーズという世界が待っている……
と思うんですけど、私のまわりにはシステム変数まで突っ込んで調べている人がいないんですよね。
だから、システム変数の一覧を全部調べていくとか、そんなヒマなことをするのはごく少数の人ということになります。
私を含め、システム変数好きはマイノリティなんです。
ここで少数派になったところで良いことがあるのか?と聞かれると、とっさに返答が出来ない自分がいます。
まあ、普通の人がやらないようなことを進んでやれば、技術的に頭ひとつ抜け出すことが出来る。
それで充分元は取れるんじゃないか、とは思いますけど。
■プロであっても
私のまわりには、仕事でオートキャド(AutoCAD)を使っている人がたくさんいます。
もちろん技術的に高い水準を保っている人が多く、きっとそういう人を「プロ」と呼ぶのだと思います。
しかし。
そんなプロであっても、「システム変数を調べる」という言葉と「面倒だからいいか」という言葉がイコールになっていることが多い。
これが私の正直な感想です。
もちろん操作で本当に困った時には調べる訳ですけど、それも自分で調べることをしない傾向にあります。
だって、システム変数に詳しい人が近くにいれば、わざわざ自分で調べるなんて面倒な事はしなくても良いですから。
ただ「すいません、ちょっと教えてください」って言えば、大抵の場合は問題が解決する訳で、効率は良いですよね。
少ない労力で最大の成果を出す、という面から見れば、そのやり方の方が優れている気がします。
でも、オートキャド(AutoCAD)を使うプロという観点から見ると、それが正解なのかはちょっと分からないです。
正解はこれです、みたいなはっきりとしたものがないのが仕事ですから、それも仕方がないとは思いますが……
難しいですよね。
と、ちょっととりとめのない話になってしまったので、このあたりで終わりにしておくことにします。
私自身でも答えが出てない話なので、軽く読み飛ばしてください。

<< トップ
サブコンテンツ

このページの先頭へ