システム変数は不要なのか

前回はポリラインの幅をコントロールするシステム変数「PLINEWID」について、概要と設定方法を説明しました。
それほど大層な設定でもありませんが、知っておくと何かと便利、という感じのシステム変数です。
このシステム変数よりも、ポリラインという機能自体を使いこなせるようになる方が先。
というのが正直な意見ですが……
幅のある線というだけではなく、多角形を1つのオブジェクトとして構成出来たり、面積を測れたり。
そうした機能を使いこなすと、オートキャド(AutoCAD)での作図がさらに便利になっていくはずです。
とは言え、このサイトはあくまでもシステム変数にフォーカスして色々と説明をしていく、ということを主旨にしています。
だからシステム変数に関わらない部分については、あまり詳しく説明をしないつもりです。
ただ、コマンドの中にシステム変数が絡んでくる場合も多いんです。
今回はポリラインの幅についての続きということで、システム変数を実行しなくても設定を変更出来る、という話をしてみたいと思います。


■コマンドの流れで実行も
ここまで割と長めに、システム変数「PLINEWID」について説明してきましたから、今さら書くのも気が引けますが……
ポリラインの幅設定は、システム変数を実行しなくても、PLINEコマンドの途中で出来てしまうんです。
具体的なコマンドの流れは以下の通りです。
コマンド「PLINE」を実行すると、まずはオートキャド(AutoCAD)の画面上からどこを始点にするのか指定します。
線を引く訳ですから、次のステップとしては当然「線のもう一端を指定」することになります。
こんな感じに。

ポリラインの作図状況

ここでコマンドラインを見ると、「次の点を指定 または……」という感じでサブメニューがあることが分かります。
そんなサブメニューを見ていくと、最後に「幅(W)」という項目が。
ポリラインの次の点を指定する前に「W」と入力して「Enter」を押すと、以下のような表示に変わります。
始点での幅を指定 :
ここで幅を指定すれば、わざわざシステム変数を実行しなくても、ポリラインの幅を変更することが出来ます。
どちらが便利かというと、まあ正直言ってどっちもどっちですが、どちらかと言えばコマンドの途中で設定出来た方が便利かな。
実際にオートキャド(AutoCAD)を使って両方の操作をやってみて、自分がやりやすい方法を選べば良いと思います。
■アイコンを作成する際に
そうすると、システム変数「PLINEWID」というのは、実際に使う必要がない機能なのか。
そんな意見があるかも知れませんが、それは少し違うんです。
例えば「幅100のポリラインを引くアイコン」を作成しようと思ったら話は違ってきますよね。
そうしたコマンドマクロを自分で作成する場合には、やはりシステム変数を使うしかないはず。
それはなぜかというと、コマンドの途中で入力する数値をアイコンに組み込むのは大変だから。
PLINEコマンドを実行している途中で幅を変更する場合、恐らくは以下のような操作の流れになると思います。
1.コマンド実行
2.画面上からポリラインの始点を指定
3.サブメニューとして「W」+「Enter」
4.ポリライン幅を入力して「Enter」
5.画面上からポリラインの二点目を指定
画面上からのユーザー入力を待ってから、「W」とかポリラインの幅を入力というのは大変です。
もしかしたら出来るのかも知れませんが、少なくとも私のスキルでは圧倒的に不可能。
そもそもそんな苦労をするのなら、アイコンに以下のような順番でコマンドを組み込んでおけば良いんです。
PLINEWID=100の実行
PLINEコマンドの実行
コマンドマクロは以下のような感じになります。
^c^c_plinewid^m100^mpline^m
上記の「^c」は「ESC」キーの入力を、「^m」は「Enter」の入力を意味しています。
コマンドを実行する前に、何かコマンドの実行中だったらそれをキャンセルして、目的のコマンドを実行する。
そんな流れですね。
このように、自分がやりたい操作を出来るだけ実行する為には、システム変数を知っておいた方が有利なんです。
ここで少し具体的な例を挙げたのは、システム変数にも色々と使い道があるということを言いたかったから。
幅100のポリラインを作成する、という機能を持ったアイコンが必要かどうかは別にして、ですよ。
今回紹介した「PLINEWID」のように、コマンドの途中で設定すれば済むから、別に必要がない感じのシステム変数もあります。
でも少し深く突っ込んでいくと、後々で役に立つ(かも知れない)システム変数もあるんです。
オートキャド(AutoCAD)というのは本当に奥が深くて、覚えがいのあるソフトだな……と。
こういう細かい部分を見ると、やっぱり私はそう思います。

<< トップ >>
サブコンテンツ

このページの先頭へ